ウェディングブライダルブーケやタキシードのご紹介ブログ:福岡カリテ

2010-08-05

リンドウのブーケ

竜胆

竜胆

昔、修行者 役小角(えんのおづぬ)が日光の奥山で
リンドウの根の時効を発見したという伝説(二荒縁起)があります
役小角が山道を歩いていると一匹のウサギが雪の中から現れ
リンドウを雪から掘り出しなめていました
ウサギは、主人が病気なのでリンドウを探しているのだと答え走り去って行きます
役小角は、試しに病人に飲ませると優れた効き目があり
「二荒神のお告げに違いない」と確信します
それ以降 日光では、リンドウが霊草になったそうです

リンドウは、日本古来から愛され清少納言は、「枕草子」で
「リンドウは、枝ざしなどもむつかしいけど、こと花どものみ霜枯れたるに
いとはなやかなる色あひにてさし出たる」と記しています

群生せず一本ずつ咲く姿と紫のイメージから
「悲しんでいるあなたを愛する」の花言葉がつけられています。
色は青が主流ですが白やピンクもあります。
この時期ならではのブーケに彩りをくわえてくれるお花です。

« qualite(カリテ)について

福岡のウェディングブーケとタキシードの仕立て屋さん:カリテのブログ

qualite(カリテ)へのアクセス »