ウェディングブライダルブーケやタキシードのご紹介ブログ:福岡カリテ

2009-11-08

making of bouquet

making of bouquet

making of bouquet


ウェディングブーケを作るとき
まずは花嫁さんとしっかりお話します

何をどのように作るのかというよりも
無限にあるブーケのスタイルやテイストから
お二人だけの特別なブーケに仕上げるために
お人柄や趣味趣向からファッションまで
とにかく幅広い話題で楽しく過ごしていただく中で
ブーケ作りに必要なエッセンスを引き出して
それを幾つかのスタイルに分けてご提案します

スタイルとある程度のカラーリングが決まったら
過去の作品を写真でめくったり
最新のトレンドブーケの文献からスパイスを盛り込んだりと
この作業を今度はラフスケッチに起こします
ブーケの設計図にあたるものです

ウエディングブーケの設計図イメージ

ウエディングブーケの設計図イメージ


お店で元々仕入れ予定のもの
仕入れ済みで当日一番の開き具合になるもの
ここに当てはまらない花材を
仕入れスタッフが改めて市場へ向かいます

使いたい花材は市場に常に揃っているとは決して限りません
市場へ仕入れに向かう時には既に
なかった時の代案やらを決めてあります


さていよいよブーケの制作に入りますが
花嫁さんへのお渡しは挙式当日の開始数時間前
その為制作は当日の明け方前からになり
そこで仕上げに取り掛かれるように
前日の夜は仕上げで使う花材の水揚げを良くするために
必要な長さに切りそろえて
水に休ませて夜を越させます
前日夜の作業はブーケの半分から七割までで
止めておき朝から仕上げにかかるのです
こうすることで長い作業時間で花材に
余計な負担をかけることも軽減され
当日本番に最高の状態で
鮮度と華やかさを発揮出来るようになるのです

ご自宅用や開店祝いなどと大きく違うのは
挙式の中のほんの一瞬のその時に
すべての花材が最高の魅力を見せることを
求められるところです

« qualite(カリテ)について

福岡のウェディングブーケとタキシードの仕立て屋さん:カリテのブログ

qualite(カリテ)へのアクセス »